メイン01 メイン02 メイン03 メイン04 メイン05 メイン06 メイン07 メイン08 メイン09 メイン10

はんなんdeトーク

      

阪南市や泉州地域の近隣の市にお住まいの
子育てママたち9名が、
海辺のオシャレなカフェに大集合!
阪南市の子育て環境や暮らしやすさなどについて、
自由にお話してもらいました。

暮らしやすさを、色々な人にインタビュー

2017年

3月

31日

一致団結して海の幸をGET!大漁を狙え!地引網体験!

海に近い阪南市ならではの貴重な体験

毎年、4月〜10月に下荘漁業協同組合が開催する地引網体験漁業。
地元の伝統的な漁業について詳しく知ることができると
休日のレジャーや校外学習、企業の親睦イベントとしても人気です。
当日は、前もって仕掛けてあった網を、
綱引きの要領でみんなで協力して引っ張り上げます。
漁のやり方は、漁師さんたちが優しく丁寧に教えてくれる上、
浜辺に居ながらにして体験できるのでご心配なく。
ピチピチ跳ねる魚がかかった網が浜まで引き上がると大歓声!
みんなで協力し合ったことで、自然と団結心も芽生えます。

続きを読む

2017年

3月

31日

毎日でも通いたい!「阪南市立総合体育館」の魅力を徹底解明

市民から親しまれる総合体育館

続きを読む

2017年

3月

28日

健康は“食”から!阪南市が力を入れる食育事業とは

市民の心身の健康を大切に考える阪南市では、
保健センターが食育や生活習慣病予防などをテーマにした
さまざまな教室を企画、開催しています。
乳幼児とその保護者を対象にした取り組みも多彩で、
子育てに奮闘中のパパやママからも好評です。

子育て中のご家庭におすすめの取り組み

続きを読む

2017年

3月

25日

思わず自慢したくなる!暮らし心地バツグンの阪南スカイタウン

安全・安心で自然豊かな阪南市はとても暮らしやすいまち。
住宅地として古くから阪南の歴史を刻む地域がある一方で、
ニュータウンも多くあり、市外・府外からの移住者を
あたたかく迎え入れています。
今回は、一番新しいニュータウン「阪南スカイタウン」をご紹介。
阪南スカイタウンは、高台になった桃の木台にあるニュータウンです。
1996年に拓かれたまちで、この20年余りずっと、
住民たちが協力し合い平和な暮らしを守ってきました。
移住者が多く、他府県からも注目されている阪南スカイタウンの魅力とは、
どんなところにあるのでしょうか。

阪南スカイタウンの子育て環境

続きを読む

2017年

3月

14日

元気いっぱい、笑い声が響く桃の木台小学校に潜入!

阪南市の新興住宅地「スカイタウン」にある桃の木台小学校。
まちの開発が進み、1996年の開校当初は
60名ほどだった生徒数が、今や500名近くに。
1〜6年生までの生徒たちが仲良く、学校生活を送っています。

開放感あふれる校舎と広い運動場

続きを読む

2017年

3月

14日

「読書が好き!」「学校に行くのが楽しい!」小・中学校の学習環境

桃の木台小学校

阪南市の小学校について

阪南市には、小学校が9校(2017年2月現在)あり、
約2,900人(2017年2月現在)の生徒が在籍。
それぞれの学校が、体験活動などを通じた地域との交流や、
縦割り活動と呼ばれる他学年児童との交流を大切にしながら、
知・体・徳を育んでいます。

また2016年度の「全国学力・学習状況調査」の結果を見てみると、
阪南市の小学生は全国平均と比べて、
「学校の授業時間以外に、普段、1日当たり2時間以上読書をする」や、
「友達との約束を守っている」ことが多く、
算数では「授業の中でわからないことがあるときは、その場で先生に尋ねる」
など、積極的に学習に取り組んでいることがわかります。

続きを読む

2017年

3月

14日

享保年間創業の歴史ある酒蔵が阪南市に!300年の歴史を誇る地酒の味とは?

創業300年の歴史のある酒蔵

阪南市には、尾崎駅を降りて5分ほど歩いた所に
地酒をつくる酒蔵があります。
創業300年の老舗で、現在も創業当時のままの蔵で
仕込みをされています。
その酒蔵と本宅は、国指定の登録有形文化財。
月1回開催の見学会では、昔ながらの太い梁や
大きな仕込みタンクなど見学でき、
もちろんお酒の試飲も楽しめます。
隣接して立つ、約100年前の大正時代に建てられた離れ座敷、
洋室、茶室、日本庭園も見せてもらえます。

阪南でつくる地酒が美味しい理由とは

続きを読む

2017年

3月

14日

貯めれば貯めるほど健康に!?市民みんなで健幸都市をめざす!はんなん健幸マイレージ

ノルディックウォーキング

老阪南市の自慢の一つといえば、
老若男女関係なく元気な方が多いということ。
その元気のヒミツの一つが、「はんなん健幸マイレージ」です。
運動や食事の自主的な取り組みや健診の受診、
健康づくりやいきがいづくりの教室、イベントに参加するとポイントがもらえ、
貯まったポイントで、素敵な記念品が当たる抽選に応募できます。
記念品は、阪南ブランド十四匠の商品や
総合体育館利用券の他、豪華な特賞も用意されていて、
市民に人気のプログラムになっています。

続きを読む

2017年

3月

14日

安全・安心NO.1!治安が良いまちといえば阪南市!

出典:大阪府警 刑法犯罪及び手口別発生市区町村別認知件数
   (2016年1月〜12月まで1年間の暫定値)

数字にもあらわれる、阪南市の治安の良さ

住む場所を選ぶときに、外せない条件といえば治安の良さ。

阪南市は大阪府内でも、凶悪犯罪や空き巣、ひったくりなど、

犯罪総数が一番低いまちです。

子育て家族や一人暮らしの人でも、安心して生活できますよ。

続きを読む

2017年

2月

24日

見た目は小学校!でも中身は?市民が集まる「阪南市地域交流館」のヒミツを大公開!

作品展示やサークル活動など、
多目的な利用が可能

校舎のような外観の「阪南市地域交流館」は、
実は旧尾崎小学校を改修した複合施設。
小規模の会議や勉強会におすすめの共用会議室をはじめ、
講演、教室を開催するのに適した200名収容可能な
体育施設を完備しています!

続きを読む

2017年

2月

24日

アウトドア好きにはたまらない!快適×無料のシーサイドBBQコーナー

海のすぐそばで、BBQが楽しめる!

ぴちぴちビーチには、BBQコーナーが無料で開放されています。
施設への予約や申し込みも不要!
どなたでも気軽に利用することができるので、
アウトドア好きな阪南市民に人気です。
特にゴールデンウィークや海水浴シーズンは大変なにぎわいとなるため、
お早目の場所の確保をおすすめします。
※BBQは直火禁止。BBQコンロなどをご持参ください。

続きを読む

2017年

2月

24日

秋の阪南は、夏よりアツい!?街中が熱狂する「秋祭り」

やぐらパレードのため集結した各地区ご自慢のやぐら。すごい熱気です。

阪南市の秋の風物詩といえば、
毎年、体育の日の前日・当日の2日間に行われる秋祭り。
阪南っ子はみな、この時期がやってくるのを心待ちにしていて、
阪南市を離れて暮らす人たちも、
この時期だけは帰省してくるほど愛されている祭りです。

続きを読む

2017年

2月

24日

はんなん親子の笑顔がここから生まれる!地域子育て支援センター「にこにこルーム」

阪南市には、親子で遊べるスポットが多く、
地域子育て支援センター「にこにこルーム」もその一つ。
週に2回(木曜と金曜)、下荘保育所内の1室が開放され、
時間内なら予約不要で親子で気軽に立ち寄ることができます。
室内にはミニすべり台やトンネルなど
たくさんの遊具やおもちゃが用意されていて、
天気に関係なく元気いっぱい遊べるところもポイントです!

楽しいイベントを通して、親子のふれあいを応援

続きを読む

2017年

2月

24日

阪南が誇るご当地野菜!「泉州水ナス」を食べてみナスって!

特徴は、まるっとしたシルエット

泉州水ナスは、阪南市を含む大阪南部の泉州地域を代表するブランド野菜。
その歴史は古く、江戸時代初期から栽培されているという説もあるほど。
現在は他の地域でも生産されるようになりましたが、
昔は泉州地域でしか育てることができなかった珍しい野菜でした。
泉州水ナスの特徴といえば、まずそのシルエット。
普通のナスよりも丸みを帯びていて、
皮がやわらかく水分を多く含んでいます。
灰汁が少なく生のまま食べることができる他、
糠床で漬けた浅漬けで食べることが多く、お土産に人気です。

農家さんの愛情をたっぷり受けて育ちます

続きを読む

2017年

2月

24日

夢のカフェバーを阪南で営む、“阪南愛”あふれるマスターが尾崎駅前を盛り上げる!?

松田さん HISTORIC ROUTE26オーナー

阪南へ移住したワケはやっぱり“海”?

カフェバーのオーナー松田さんは、
元はアパレル関係の仕事をしていたサラリーマン。
仕事柄、大阪市内の自宅から和歌山へ行くことが多く、
その途上にある阪南市のアクセスの良さと
大好きな海があることに魅力を感じて、移住を決意!
昔からお店を開きたいと考えていたこともあって、数年後に脱サラをして、
夢だったカフェバーを尾崎駅のすぐそばにオープンさせました。
今では、お店だけでなく地域全体も盛り上げていきたいと、
「はんなん街バル」などのイベントに積極的に参加しています。

続きを読む

2017年

1月

27日

目標は、介護ゼロ生活!「元気しゃっきり教室」で、寝たきり・認知症知らずに!

2016年4月に開館した
阪南市防災コミュニティセンター(阪南まもる館)では、
防災に関する利用はもちろん、健康相談や健康教室を開催。
中でも、人気があるのが「元気しゃっきり教室」です。
対象は、阪南市在住でおおむね65歳以上の方。
「介護がいらない生活!」をめざして、毎週火曜日・木曜日・金曜日に開かれ、
3か月に1回(年間で4回)、各コースの募集があります。
教室では、先生の楽しい掛け声に合わせて約1時間全身を動かし、
こころとからだを活性化。気持ち良く汗を流すことができます。

続きを読む

2017年

1月

27日

阪南の本好きキッズはこうして育まれた?図書館発信の人気の子育てサービス

阪南市立図書館では、開館当初から児童書の充実に力を入れています。
絵本の読みきかせスペースも完備して、
親子が快適に利用できる環境を整えている他、
多彩な子育て支援事業も行っています。

はじめての読みきかせを応援!
「ブックスタート事業」

赤ちゃんの言葉と心を育む子育て支援事業として、2002年度よりスタート。
4カ月児健診のときに、絵本や子育て支援情報の入った
「ブックスタートパック」を図書館司書やボランティアスタッフが手渡しします。
読みきかせの方法なども説明してくれるので、はじめて子育てをするという
保護者の方も安心です。
※未受診の親子には後日、保健師から手渡しします。。

続きを読む

2017年

1月

27日

仲良しママたちが語る、リアルな“はんなん子育て事情”!

片山さん(阪南市外出身)、眞﨑さん(阪南市外出身)、豊藏さん(阪南市内出身)と
そのお子さんたち。和やかなムードの中、笑顔があふれます。

市の子育て支援サポートから
つながった大切な絆

3人のママたちが知り合ったきっかけは、
子育て総合支援センターの親子教室「ちっちベビー」。
阪南市が実施する子育て支援サポートの一つで、
月に1回、定期的に集まるうちに親しくなったといいます。

続きを読む

2017年

1月

27日

子どもも親も、ともに育つ。阪南のママ・パパたちに人気の親子教室!

阪南市の子育て支援サービスの中でも、人気が高いのが親子教室。
お子さんの年代によって「ちっちベビー」「よちよちこっこ
ちっちこっこくらぶ」とグループ分けがされていて、
それぞれ月に一度集まって、親子での遊びを中心とした交流を持つ中で、
保護者同士が和気あいあいと子育てに関する情報を交換したり、
悩みなどを共有しています。
この親子教室は、専門の保育士が担当しているので子育て初心者の方も安心!
子どもの発達に合わせた手遊びやふれあい遊びをわかりやすく
教えてもらえるから、家に帰ってからも気軽に実践できます。
活動場所は、子育て総合支援センターの他、保健センターなど市内各所。
年に2期(前期・後期)開催されています。

続きを読む

2017年

1月

27日

和紙なのに布? 布なのに和紙?伝統産業から生まれた最先端技術がスゴイ!

阪南市は、綿と繊維のまちだった!

続きを読む

2017年

1月

27日

故郷の海は、みんなの遊び場!市民のお気に入りスポット「せんなん里海公園」

せんなん里海公園は、阪南市と岬町にまたがって、
海岸沿いに続く全長2kmの公園で、
海水浴場「ぴちぴちビーチ」に隣接しています。
地元ではおなじみのお出かけスポットになっていて、
季節を問わず、多くの家族連れでにぎわっています。

続きを読む

2016年

12月

22日

海に山に空に。自然の中で遊べるスポットがいっぱい

近隣ママ

阪南市って、和歌山へ行くときに通るくらいで、
正直どんなまちなのかあまり知らなくて。
子どもと一緒に出かけられるスポットといったら、どこになるんですか?

阪南ママ

家族でよく出かける場所はやっぱり「せんなん里海公園」かな。
最近は毎週のように、お弁当を持って子どもと遊びにいってますよ。

続きを読む

2016年

12月

22日

自然も歴史も両方楽しみたい!「山中渓」は、そんなわがままな願いを叶えます

石畳の道を歩けば、
気分はまるでタイムスリップ

数々の史跡・旧跡が点在する山中渓。
その歴史は古く、熊野詣ででにぎわったとされる「熊野街道」が通っています。
この道は、紀州徳川公が参勤交代時に利用したことから紀州街道とも呼ばれ、
本陣を構えた山中宿本陣跡や、宿場町の風情を残した建物、山中関所跡などが今も残り、
歴史好きにはたまらないスポットになっています。

続きを読む

2016年

12月

22日

初心者もベテランも!子育てパパ・ママが頼りにする「子育て総合支援センター」とは?

経験豊かな先生方は、パパ・ママから絶大な信頼を寄せられています。

子育てに励むパパ・ママを、笑顔でサポート

毎日、たくさんの子どもたちや保護者の笑い声が響く「子育て総合支援センター」は、
その名の通り、パパ・ママにとって頼もしい阪南の子育て支援事業の拠点。
「おやこであそぼうカレンダー」や市のWebサイト、
モバイルサイトで、子育てに関する情報を随時発信しています。
また、施設内や地域に出向いての親子教室や、
育児の知識や楽しさにつながる子育て講座を開催し、
子ども同士の交流はもちろん、保護者たちに仲間づくりや情報交換の場を提供。
専門の担当者による子育て相談も行っています。

続きを読む

2016年

12月

22日

読書好きの市民に愛される図書館。新たな一手でますます便利に!ますます快適に!

子どもにもシニアにもやさしい図書館

平成元年の開館以来、市民に愛され続けている「阪南市立図書館」。
児童書の充実に力を入れていて、
読みきかせ用の大きなサイズの絵本や紙芝居の種類も豊富です。
児童書コーナーには、靴を脱いでくつろぎながら読書ができる
「おはなしのへや」もあり、「おはなし会」をはじめとする
読みきかせの催しを定期的に行っています。
今後は、シニア向けの本を見本市的に集めたコーナーを作るなど、
誰にとっても利用しやすい図書館を模索しています。

続きを読む

2016年

12月

22日

名前通り、フレッシュなイベントを多数開催!いつも市民でにぎわう「サラダホール」の魅力

尾崎駅から徒歩3分、阪南市役所のすぐ隣にある、阪南市立文化センター。
市民の方からは、「サラダホール」の愛称で親しまれていて、
芸術文化活動の振興と生涯学習活動を支えています。

演劇や音楽の催しなら「大ホール」にお任せ

サラダホールで一番の規模を誇る「大ホール」は、最大727名を収容可能!
本格的な音響設備も備えていて、オーケストラのコンサートはもちろん、
演劇や講演会、集会などさまざまに利用できます。
市民であれば、利用日の1年前(市外の方は11か月前)から申し込み予約が
できますが、土・日・祝日はすぐに予約が埋まってしまう人気ぶり!
利用を考えている人は、早めの申し込みがおすすめです!

続きを読む

2016年

12月

22日

健康づくりに防災学習!「防災コミュニティセンター」は、一石二鳥で市民にお役立ち!

2016年4月にオープンしたばかりの新施設

防災コミュニティセンターは、2011年に発生した東日本大震災を受けて、
今後30年以内に60~70%の確率で発生する南海トラフ巨大地震などの
大規模災害に備え、
普段は、市民の皆さんの防災意識の向上を図るため、防災訓練や防災講演会、
自主防災組織の交流の場などとして活躍しています。
災害時は「指定緊急避難場所」となり、また、災害対策本部や備蓄倉庫として活用予定。
阪南市域は大地震の際も、予測では、津波被害は比較的少ないのですが、
津波浸水区域にお住まいの方たちにとっても、心強い存在です!

続きを読む

2016年

12月

22日

急な病気・ケガも安心!頼もしい「阪南市民病院」が、市民のSOSに応えます!

2 0 1 1 年に大阪府初の公設民営病院として誕生した「阪南市民病院」。
地域で必要とされる診療機能を備え、泉州南部におけ
る地域中核病院としての役割を担っています。
日常の総合的な医療から、夜間・休日の救急まで
2 4 時間3 6 5日対応( 救急の担当科は曜日で持ち回り)!
小児科救急診療も実施し、地域の医療を支えています。

尾崎駅から徒歩2分の好アクセス

阪南市民病院は特急の停まる尾崎駅から

歩いて約2分の場所に位置しており、通院にもお見舞いにも便利!

日々多くの患者さまを受け入れています。

2013年に建てられた新棟は清潔で、

診療機能、設備面ともに充実しています。

続きを読む

2016年

12月

22日

1日遊べば、誰でもわんぱくっ子に!近隣市のファミリー層も大注目の「わんぱく王国」の全貌

公園に、恐竜の唸り声が響きわたる!?

わんぱく王国のシンボルともいえる、
恐竜型のすべり台「ローラーエクスプレス」。
山の急斜面(最大急斜32度、通常8~15度)を利用した全長約200mのすべり台で、
最終着地点まですべっていくと恐竜に飲みこまれるようになっています。
モデルになっているのは、大型で攻撃的だったという恐竜「ディメトロドン」。
いざ勇気を出して、恐竜の口の中にすべり込むと、
「ガオー」と吠える迫力あるすべり台です。

続きを読む

2016年

12月

22日

子どもにも、ママにもやさしいサポートが充実

阪南ママ

阪南市は、子育てしやすいまちだと思います。
公園などもあるし、車があれば、
近くのショッピングモールにもすぐに行けます。
まちの色々なところに小さなカフェがあって、
子どもがグズりだした時、
やさしくあやしてくれたオーナーさんもいらっしゃいますよ。

阪南ママ

カフェのスペースを利用して、

フリーマーケットやヨガ教室、

料理教室を開催しているところも多いですよね。

子どもと一緒に楽しんだり、

ママ友同士で息抜きに行くこともあります。

続きを読む

2016年

12月

22日

阪南市民が海好きなのは、「ぴちぴちビーチ」にヒミツがあった!

白い砂浜と青い海をバックに、
ビーチバレーはいかが

「ぴちぴちビーチ」の愛称で知られる箱作海水浴場があるのは、
阪南市と岬町にまたがる全長2 k mの
人工海浜公園「せんなん里海公園」の敷地内。
広い海と豊かな緑に恵まれていて、白い砂浜が美しく輝きます。

続きを読む

2016年

12月

22日

阪南で子育てライフを満喫する栩原さん家族が、移住を決めた理由とは?

栩原さんご一家[パパ、ママ、娘さん(2歳9か月)]※2016年10月現在

2014年に阪南市に一戸建てを購入。お散歩が好きな元気いっぱいのファミリーです。

マイホームの土地探しで、運命の出会い

栩原さん家族は、ご主人が泉佐野市出身で、奥さまが泉南市出身。

2年前にマイホームを建てるにあたって、

泉州地域で土地を探していたそうですが、

希望に叶うところとなると、なかなか思い通りには見つからず…。

偶然車で阪南市を通りかかったときに、

駅近でスーパーも充実している場所が

売りに出されているのを発見して、「これはいい!」とご夫婦そろって一目惚れ!

2日間ほどで、阪南市に住むことを決めたのだとか(笑)。

阪南市に対する好感度は、今も上がる一方のようで、

日々の生活を楽しんでいらっしゃいます!

続きを読む

2016年

12月

22日

気軽に入れる絶品イタリアンレストラン!阪南出身のシェフが”地元の食材”にこだわる理由を語る!

南さん

イタリア料理「イル ピアット」オーナーシェフ

両親の畑を活用して、
故郷に念願のお店をオープン

南さんのご両親は、阪南市で長年、兼業農家を営んでいたそう。
昔から飲食店経営が目標だった南さんは、
大阪市内などで料理の修業を続け、
1987年に岸和田でお店を開きました!
けれど、ゆくゆくは故郷に帰って両親の畑で野菜を育てながら、
レストランをしたいとずっと考えていたようで、
1995年、ついにお店を阪南市に移転することにしました。
以来20年余り、特別な記念日に、女子会に、と市民に愛され続けてます。

続きを読む

2016年

12月

22日

アットホームな空気と、地理条件が安心を生む

阪南ママ

桃の木台地区はスカイタウンという新興住宅地で
とても住みやすいですよね。
大小さまざまな公園がたくさんあるし、
幼稚園や小学校、中学校もそろっているところもいい。
ずっと同じメンバーで過ごすから絆も強くなるし、
みんなが支えあいながら成長していくことができます。
私の子どもはもう高校生ですが、
なんだか、「桃の木台」という地域に
子どもを育ててもらったという感覚がありますね。

阪南ママ

あと桃の木台地区は、クリスマスになると、
各ご家庭のイルミネーションがとても綺麗ですよ。
見学に訪れる方がいらっしゃるほどで、
毎年楽しみなシーズンです。

続きを読む

2016年

12月

22日

阪南市民が、みんな健康なのには理由がある

阪南ママ

阪南市民病院があるというのは安心ですよね。
夜間や休日診療が受けられる救急科もありますし。
一度、親知らずを抜きにいったことがありますが、
綺麗で大きい病院でした。

阪南ママ

子ども医療制度も整っていますよ。
中学校3年生まで、一人、ひとつの医療機関ごとに、
1日につき500円までの負担で通院できるんです。
それに、同じ月に同じ医療機関に複数回行く場合は、
3日目から無料になります。
やっぱり一番病気やケガをしやすい時期なので、
そういった制度があるかどうかは重要ですよね。

続きを読む

2016年

12月

22日

オシャレなカフェで働く、イマドキ”はんなん女子”のナチュラルライフに密着!

阪南市在住の河内さん(22歳)※2016年10月現在
ご自宅は、ぴちぴちビーチのすぐそばだそうです。

ご自身も!お友達も!阪南が大好き

生まれも育ちも阪南市という河内さん。
阪南市の環境をとても気に入っていて、学校卒業後も、ヨガインストラクターのお母さまが2年前からはじめたヴィーガンカフェNanaを共に切り盛りされています。
幼い頃からのお友達も、実家から大学に通ったり、就職後も阪南市に住み続けている方が多く、カフェにもよくいらっしゃるそう。若い方たちの“地元愛”を感じます!

続きを読む

2016年

4月

01日

바다와 산 등 자연이 풍부한 한난시는 안전하고 안심할 수 있는 매력적인 도시입니다.

오사카부의 최남단에 위치한 지역이 한난시입니다.
아름다운 해안과 울창한 산들로 둘러싸인 풍부한 자연을 자랑합니다.
교통도 편리하여 오사카시의 번화가인 난바에서 전철로 40분, 간사이 국제공항에서는 전철로 20분!
범죄 건수가 적고, 쓰나미의 우려도 적은 안전하고 안심할 수 있는 한난시에 꼭 방문해 주십시오.

続きを読む

2016年

3月

31日

山海環抱,自然豐富的阪南市是安全、安心、極具魅力的城市。

阪南市位於大阪府的最南部。以美麗的海灘和層巒疊翠的山脈形成的的自然景觀而自豪。
交通便利,距離大阪市的繁華街難波坐電車40分鐘,從關西國際機場坐電車20分鐘!
犯罪事件少,遭遇海嘯侵襲的風險不大。
歡迎您光臨安全、安心的阪南市。

続きを読む

2016年

3月

31日

依山傍海,自然丰富的阪南市是安全、安心、极具魅力的城市。

阪南市位于大阪府的最南部。以美丽的海滩和层峦叠翠的山脉形成的自然景观而自豪。
交通便利,距离大阪市的繁华街难波坐电车40分钟,从关西国际机场坐电车20分钟!
犯罪事件少,遭受海啸侵袭的风险不大。欢迎光临安全、安心的阪南市。

続きを読む

2016年

3月

31日

Hannan City, surrounded by the rich nature of the mountains and the sea, is a safe, secure, and splendid city.

Hannan City is the southernmost city in Osaka Prefecture.
It is a city that boasts a wealth of nature, from its lovely beaches to its lush, green mountains.
Conveniently located only 40 minutes by train to Osaka City's downtown Namba area and just 20 minutes by train to Kansai International Airport!
You are always welcome in Hannan City, where the low crime rate and minimal worries of tsunamis further add to its safe, secure feeling.

続きを読む