メイン01 メイン02 メイン03 メイン04 メイン05 メイン06 メイン07 メイン08 メイン09 メイン10

はんなんdeトーク

      

阪南市や泉州地域の近隣の市にお住まいの
子育てママたち9名が、
海辺のオシャレなカフェに大集合!
阪南市の子育て環境や暮らしやすさなどについて、
自由にお話してもらいました。

享保年間創業の歴史ある酒蔵が阪南市に!300年の歴史を誇る地酒の味とは?

創業300年の歴史のある酒蔵

阪南市には、尾崎駅を降りて5分ほど歩いた所に
地酒をつくる酒蔵があります。
創業300年の老舗で、現在も創業当時のままの蔵で
仕込みをされています。
その酒蔵と本宅は、国指定の登録有形文化財。
月1回開催の見学会では、昔ながらの太い梁や
大きな仕込みタンクなど見学でき、
もちろんお酒の試飲も楽しめます。
隣接して立つ、約100年前の大正時代に建てられた離れ座敷、
洋室、茶室、日本庭園も見せてもらえます。

阪南でつくる地酒が美味しい理由とは

阪南のこの地酒は、心地よい吟醸香と、
ふくよかで深い味わいで人気です。
その味をつくりだすには良い酒米と水が不可欠で、
とりわけ水はお酒の味を決める大事な要素。
こちらの蔵では、蔵内の井戸から300年間こんこんと湧き出している、
和泉山脈からの清冽な伏流水を使用。
中硬水で酒造りに最適とされています。
さらに阪南市は、お酒の肴も豊富。特産の泉州水ナスに、
ハモやタコなど新鮮な魚介類。
こんな肴をアテに美味しい地酒を楽しんでいる阪南市民がうらやましい!